• 38年
  • 細切れの間取りを一新。緩やかにつながる、寛ぎリビングへ

「子どもの成長とともに、以前のマンションは手狭に感じていました」とSさん。ご希望していたのは「広いリビングとそれぞれの個室をつくること」。当初は建て売りを検討されていましたが、ご希望通りの家は見つからなかったそう。そこで、築38年の中古物件を購入し「まるごと再生」。まず、既存の和室とリビングの仕切りをなくし、床をフラットにしてひと続きに。さらに、落ち着きのある自然素材で内装を統一。穏やかにつながる、寛ぎのリビングが誕生しました。また、キッチンは半独立型をセレクト。LDと水まわりの両方へ行き来できるスムーズな動線に「忙しい朝は大助かり!」もちろん、内・外装、設備を一新し断熱性も向上。「冬の寒さも解消でき大満足の家になりました。子ども達も自分の部屋ができて嬉しそうです。」

REFORM DATA

  • 築年数:38年面積:約119m²
  • 工期:約100日間
  • リフォーム部位外壁・屋根、玄関、リビング・ダイニング、キッチン、洋室、浴室、洗面所、トイレ、収納、など

AFTER

REFORM DATA

  • 築年数:38年面積:約119m²
  • 工期:約100日間
  • リフォーム部位外壁・屋根、玄関、リビング・ダイニング、キッチン、洋室、浴室、洗面所、トイレ、収納、など

BEFORE


AFTER

【外観】弱点の【補強】だけでなく、建物の変形を約1/2に軽減する【制震装置】を施し、芯から強い家へと再生

BEFORE

【外観】築38年が経過し、老朽化していた
 

  • 【リビング・ダイニング After】既存の和室、洋室、独立型の台所の仕切りを撤去。それぞれを緩やかにつなげて、オープンなリビングを実現

  • 【洋室】壁一面を本棚にし、スタディスペースも造作
     
     

  • 【キッチン】LD・水まわりの両方につながる動線を設置
     

  • 【浴室・バス】タイル張りで底冷えしていた浴室は、足を伸ばしてリラックスできる、最新の設備へ一新。

  • 【玄関】天井まで高さがある、たっぷりの収納を設置
     


間取りDATA


Facebook Instagram YouTube