• 51年
  • 既存の良さを上手に活かし、趣のある和の家に『まるごとリフォーム』

「雨漏りや外壁のヒビなど、老朽化が目立っていました」とHさん。ご実家は和室中心に部屋が仕切られた、昔ながらの和風住宅。耐震性の不安も大きく、思い切って『まるごと再生』を決意されました。まず、孤立していた台所と洋室を一体化。開放的なLDKへと生まれ変わりました。また、分散していた水まわりを集約することで、家事の負担を軽減。危険な段差も解消し、安全性も高めています。さらに、趣のある和室や玄関は、立派な柱や梁、欄間など、良いモノを活かしてリフレッシュ。以前の面影が、上手く調和する住まいとなりました。もちろん、標準仕様の耐震工事で、芯から強い家に一新。「安心して暮らせる住まいになりました」 

REFORM DATA

  • 築年数:51年面積:約150m²
  • 工期:約130日間
  • リフォーム部位外壁・屋根、玄関、リビング・ダイニング、キッチン、洋室、和室、浴室・バス、洗面所、収納、階段

AFTER

REFORM DATA

  • 築年数:51年面積:約150m²
  • 工期:約130日間
  • リフォーム部位外壁・屋根、玄関、リビング・ダイニング、キッチン、洋室、和室、浴室・バス、洗面所、収納、階段

BEFORE


AFTER

【リビング After】細切れの間取りをオープンに。ゆとりある広々LDKが誕生

BEFORE

【リビング Before】廊下と和室、台所で区切られた以前の間取り

  • 【和室】伝統的な日本建築の良さを活かした、落ち着きのある和室が誕生

  • 【和室】欄間や床柱、雪見障子など、趣のある本格的な和室。既存を活かしつつ、新築同様に再生


  • 【洗面所】分かれていた水まわりを集約し、キッチンからスムーズに移動できる間取りに。天窓を設けることで、北側にある日当たりの悪さを解決

  • 【玄関】板張りの格子天井が見事な玄関
     
     

【洋室】二間続きの和室を一体化し、落ち着きのある寝室へ。既存のハリを、アクセントとして活かした


間取りDATA


Facebook Instagram YouTube